2021年10月27日

ワールドシリーズが開幕 ブレーブスが先勝 ソレアが史上初となる「第1戦初回表」の先頭打者弾 ブレーブス 6-2 アストロズ

1 :鉄チーズ烏 ★:2021/10/27(水) 19:56:34.82 ID:CAP_USER9.net
2021年10月27日 13:14野球
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/10/27/kiji/20211027s00001007286000c.html



 【ワールドシリーズ第1戦 ブレーブス6―2アストロズ ( 2021年10月26日 ヒューストン )】 今季のワールドシリーズが26日にテキサス州ヒューストンで開幕。22年ぶりに大舞台までたどりついたブレーブス(ナ・リーグ東地区1位=88勝72敗)が、2年ぶりの出場となった地元のアストロズ(ア・リーグ西地区1位=95勝67敗)を6―2で下して先勝した。

 ブレーブスは初回、10月12日に新型コロナウイルス関連の負傷者リストに登録され、ドジャースとのリーグ優勝決定シリーズの第5戦(21日)で復帰した「一番・DH」のホルヘ・ソレア(29)が、アストロズの先発フランバー・バルデス(27)の投じた3球目を左越えに運んで先制。今年で117回目を迎えたワールドシリーズ第1戦の初回表での先頭打者弾はこれが初めてとなった。ブレーブスは二回にも1死二、三塁でソレアの遊ゴロの間に3点目を加え、三回にはアダム・デュバル(33)が2ランを放ってバルデスをマウンドから引きずり下ろした。

 第1戦では、2017年のワールドシリーズ第7戦(対ドジャース)でアストロズの勝利投手となっているチャーリー・モートン(37)が2シーズン在籍した古巣を相手に先発。しかし投球の際に足首を痛めて3回1死でマウンドを降りた。

 それでも二番手のA・J・ミンター(28)ら後続の4投手がアストロズ打線を2点に抑えこみ敵地での初戦で先勝した。

 ブレーブスのワールドシリーズ出場はボストン、ミルウォーキー時代を含めてこれが10回目。1914年、57年、95年に優勝しているが、最後の出場となっていた99年にはヤンキースに4戦全敗で敗れており、白星を挙げたのは96年の第2戦(相手はヤンキース)以来、25年ぶりとなった。

 アストロズのバルデスは2発を含む8安打をブレーブス打線に許し、5点を失って3回途中で降板。アストロズのトニー・スニッカー打撃コーチ(32)はブレーブスのブライアン・スニッカー監督(66)の息子だが、初戦では父親に軍配が上がった。

 <ワールドシリーズの成績と日程>
 ▼第1戦=〇ブレーブス6―2●アストロズ
 ▼第2戦=27日(ヒューストン)
 ▼第3戦=29日(アトランタ)
 ▼第4戦=30日(アトランタ)
 ▼第5戦=31日(アトランタ)
 ▼第6戦=11月2日(ヒューストン)
 ▼第7戦=11月3日(ヒューストン)
 *日付は現地時間。第5戦以降は結果次第で実施。



続きを読む
posted by mlb at 21:16| メジャーリーグニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大谷翔平がイチロー以来の「コミッショナー特別表彰」受賞 「光栄なこと。自分でいいのかな」

1 :爆笑ゴリラ ★:2021/10/27(水) 09:48:24.09 ID:CAP_USER9.net
10/27(水) 9:34配信
スポニチアネックス

ワールドシリーズ第1戦の前にマンフレッド・コミッショナーから特別賞を授けられた大谷(AP)

エンゼルスの大谷翔平投手(27)が26日(日本時間27日)、ワールドシリーズ初戦が行われるテキサス州ヒューストンで「コミッショナーズ・ヒストリック・アチーブメント・アワード(コミッショナー特別表彰)」を受けた。ロブ・マンフレッド・コミッショナーと会見に臨んた。以下、受賞スピーチと一問一答。

 「本日はお集まり頂いてありがとうございます。このような特別な賞をいただけて、すごく光栄に思っていますし、今シーズン、応援して下さったファンの皆さん、そしてMLB機構の皆さん、エンゼルスの関係者の皆さん、すべての人に感謝しています。ありがとうございます」

 ――この賞を受賞したときの気持ちは

 「毎年ある賞じゃないですし、光栄なこと。自分でいいのかなという、むしろ、思いもありますけど、本当にうれしかったです」

 ――今シーズンを通じて二刀流をやり、疲れは。

 「少し休みましたけど、そんなに疲れもなかったですし、2週間くらい動いてなかったんですけど、早く動きたいという感じではいたので、そのくらい元気でした」

 ――アメリカで初めてシーズンを通じて二刀流をやって得たもの。

 「どの感じで1シーズン過ごしていけばいいのかなっていうのが、割とケガなく過ごせたことでわかると思うので、そこが一番今年の収穫かなと思っています」

 ――来年以降、同じように試合に出れると思うか。

 「今のところ、不安なところはないので、今のところは自信は持っていますし、一番はやっぱり出続けることであがってくるものがあるんで、どのくらい成績を残せるかなっていうのは一番どのくらい出れるのかなっていうところではあるかなと思うんで、今のところ自信は持ってます」

 ――その活躍を見て二刀流を目指したいと感じた子供たちにどんなアドバイスを送りたいか。

 「今年、リトルリーグの場所でもやらせてもらいましたけど、本当にみんな野球好きそうでしたし、その気持ちさえあれば何でもできると思うので、今も僕も忘れずに、これからも忘れずに、そういう気持ちを持ってやりたいなと思います」

 同賞98年にバド・セリグ前コミッショナーが制定した賞で、過去の受賞者にはカル・リプケン(オリオールズ)、05年にシーズン最多安打記録を塗り替えたイチロー(マリナーズ)らがいる。15年にマンフレッド・コミッショナーが就任してからは初めて。1シーズンの偉業、または長いキャリアを通して、野球界に大きなインパクトを残したことを称えるもので、大谷の二刀流がそれに値すると、コミッショナーが正式に表明した名誉ある受賞となった。



https://news.yahoo.co.jp/articles/66da0a3cb6cf7875415ffdcd655d337ce509183c



続きを読む
posted by mlb at 15:16| メジャーリーグニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

菊池雄星の今オフ動向「球団オプションの可能性はないように見える」MLB公式が見解「重要な時期にローテの座を失った」

1 :鉄チーズ烏 ★:2021/10/27(水) 06:31:16.91 ID:CAP_USER9.net
THE DIGEST10/27(水) 6:05
https://news.yahoo.co.jp/articles/277ea45884ba6e2147e3cf44b5c57f228f614423

 メジャー3年目を終えた日本人左腕に厳しい評価が下されている。

 シアトル・マリナーズの菊池雄星は今季、157回を投げて7勝9敗、163奪三振、防御率4.41という成績でシーズンを終了。前半戦は好調でオールスターゲームに初選出されたものの、そこからシーズン終盤にかけて大きく失速し、最終的に先発ローテーションから外されていた。

 球団との契約最終年を終えた今オフには、2025年までの4年6600万ドル(約75億4000万円)というオプション契約の可能性が残っている菊池。現地時間10月26日に掲載されたMLB公式サイトの「シアトルの22年ロースターの選択肢を探る」との記事で、その進退について言及されている。

 記事を執筆したのは、マリナーズ番記者のダニエル・クレイマー氏だ。まず「後半戦の不振により、シーズンの最も重要な時期にローテーションの座を失ってしまった」と始めると、「6月時点では4年6600万ドルの球団オプションが確実視されていた」とシーズン途中の評価を回顧。

 しかし、現状については「マリナーズがその球団オプションを行使する可能性は、もはや手の届かないものになっている」と厳しく指摘しており、さらに続く文面で「この左腕には来季、1年1300ドル(14億7000万円)のプレーヤーオプションが残っているため、これを行使する可能性が高いと思われる」との予測を記している。

 単年契約に落ち着くと見られている菊池だが、はたしてどんな契約が結ばれるのだろうか。今オフの去就動向から離せない。

構成●THE DIGEST編集部



続きを読む
posted by mlb at 12:16| メジャーリーグニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする