2020年01月28日

アンダーシャツにスピーカーを… サイン盗みは120年前から歴史の一部

1 :ニーニーφ ★:2020/01/28(火) 11:21:26 ID:rPYgZta99.net
【メジャーリーグ通信】

 アストロズがビデオカメラを使って相手捕手のサインを解読し、ただちにアルミ製のごみ箱を叩く回数、あるいは笛を吹く回数で選手に伝えていたことが発覚、GMや監督のクビが飛ぶ事態になっている。

 今回アストロズが厳しい処分を受けたのは、2017年9月にコミッショナーから「電子機器を使ったサイン盗みをした球団はドラフト指名権の剥奪を含む厳しい処分を下す」という通達が出たのに、それを無視して大掛かりにやり続けたからだ。

 サイン盗みそのものはメジャーリーグの歴史の一部をなすものといっても過言ではない。1986年から16シーズン、ツインズの監督を務めた名将トム・ケリーは「サイン盗みは監督の仕事の一部だ。それをやろうとしないヤツは、仕事をしていないのと同じだ」と断言している。

 電子機器を使ったサイン盗みが初めて発覚したのは今から120年前の、1900年のことだ。フィリーズはスコアボードに望遠鏡を持った職員を置き、解読した相手捕手のサインをグラウンドに埋設した電線を通じて三塁コーチに伝え、コーチが身ぶりで打者にそれをリレーするという方法でサイン盗みをしていた。
三塁コーチが立つ位置の下には電気がくると揺れる木箱が埋められていて、コーチは揺れた回数で球種を知ることができた。

 インディアンスは1959年から60年にかけてセンターのスコアボードの中にスパイ要員を忍ばせ、解読したサインをその職員がブザーを鳴らした回数で伝えるという方法をとっていた。
1回鳴ると速球、2回鳴るとカーブ、3回鳴るとチェンジアップだった。ブザーは打者が聞き取れるくらいの音量だった。

 女スパイを使う球団もあった。ジャイアンツが、まだニューヨークのチームだったころ、マグロー監督は球場に隣接したビルの最上階に、やさしい声をした小柄な女性を置き、そこから望遠鏡で捕手のサインを読み取らせ、
日よけを開閉した回数で打者に球種を知らせていた。

 マーリンズ、パドレスなどで監督を務めたジャック・マキーオンは、3Aの監督時代にピッチャーのアンダーシャツに極小スピーカーを忍ばせ、
相手の監督や三塁コーチが一塁走者に送ったサインを読み取って「盗塁のサインが出た。牽制球で刺せ」「エンドランでくる。インサイドに投げろ」と声で指示していた。
音量は投手にしか聞こえない程度に調整してあった。ある時、マイクの調子がおかしいので、テストのつもりでタクシー会社の配車係のまねをして「車両番号99番、ダベンポートホテルにご婦人を迎えに行ってください」と言ったところ、
ピッチャーがマウンドを降りてそのホテルに行きかけたので大いに慌てたという。

(友成那智/スポーツライター)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200128-00000007-nkgendai-base



続きを読む
posted by mlb at 12:16| メジャーリーグニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月25日

前阪神ドリス、日本で評価上げてブルージェイズ入り 「再び名前が知れ渡った」

1 :砂漠のマスカレード ★:2020/01/25(土) 17:47:18.69 ID:ZoB24Pey9.net
阪神入団前はメジャー通算で40試合に登板し2勝4敗4セーブ、防御率5.48

阪神から自由契約となっていたラファエル・ドリス投手がブルージェイズと1年契約を結んだ。

複数の米メディアが伝えているが、米最大の移籍情報サイト「トレード・ルーマーズ」はドリスが日本で成功を収めたことで「MLBの世界で再び名前が知れ渡った」と伝えている。

ドリスは2016年に阪神に入団し昨季までの4年間で208試合に投げて、13勝18敗96セーブ、防御率2.49の成績をマーク。
15年まではカブスでプレーしていたが、メジャー通算では40試合に登板し2勝4敗4セーブ、
防御率5.48と目立った活躍ではなかったが記事では「素晴らしい決断だったことが証明された」と称賛している。

日本球界ではセットアッパー、守護神として活躍したことで「アジアで収めた成功によって、ドリスはMLBの世界で再び名前が知れ渡った」と、ドリスの評価が急上昇したことを伝えている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200125-00670245-fullcount-base
1/25(土) 16:16配信



続きを読む
posted by mlb at 18:16| メジャーリーグニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月24日

田中将大、野球とは「人生そのもの」 児童の“直球質問”に答える、給食は完食

1 :1号 ★:2020/01/24(金) 16:42:19 ID:mPFs/ZJi9.net
仙台市内の小学校を訪問「野球が大好きだから。好きな気持ちは今も変わらない

 ヤンキースの田中将大投手が24日、宮城の仙台市立東宮城野小学校を訪問。震災で被災した荒浜小学校の児童を受け入れていた同校で、一緒に給食を食べるなど触れ合った。児童からの「野球とは?」という“直球質問に「人生そのもの」と応える場面もあった。

 田中は、古巣・楽天の則本昂大投手、辛島航投手、釜田佳直投手、松井裕樹投手とともに同校を訪問。実は、昨年も同校を訪問予定だったが、直前にインフルエンザが蔓延したため、学校側から中止にしたほうがいいのではないかという提案があり、実現していなかった。

 2年越しで叶った同校児童たちとの触れ合いを田中は終始、笑顔で満喫。午前中に体育館で4〜6年生の生徒93人とゲームなどを行い、その後、1〜3年生の生徒95人と一緒に給食を食べた。揚げパン、牛乳、肉団子のスープ煮、キャベツとコーンの炒めものという献立だったが、見事に完食。「全部食べました。美味しかったです。揚げパンなんて食べる機会がなかったので」と笑った。

 さらに、子供から直球の質問が飛ぶ場面も。「野球とはどういうものですか?」という問いには「人生そのものです。本当に小さい頃からやっているので、そう言っても過言ではない」と回答。なぜ野球選手になったのかと聞かれると「野球が大好きだから。好きな気持ちは今も変わらない。とにかく野球が好きです」と堂々と言い切った。

「子どもたちも本当に元気で、選手たちも一緒になって心から楽しむことができた。いい時間になりました」

 子どもたちはメジャーリーガーの登場に大喜びだったが、田中にとってもリフレッシュの時間となったようだ。

1/24(金) 14:46配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200124-00668811-fullcount-base



続きを読む
posted by mlb at 18:16| メジャーリーグニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする