2020年10月20日

筒香は内角速球、秋山は重い沈む球への対応…来季2年目の飛躍は課題克服がカギ[大慈彌功コラム] [砂漠のマスカレード

1 :砂漠のマスカレード ★:2020/10/20(火) 06:10:45.60 ID:CAP_USER9.net
筒香嘉智外野手(28)が所属するレイズが、データを駆使した戦略でワールドシリーズ進出を決めた。しかし筒香の出場は限られ、先発起用されたのは1試合のみ。その原因として、新鋭アロザレーナ左翼手の台頭、対左腕対策、そして速球に苦労していることが挙げられる。唯一スタメンだった地区シリーズ第4戦の相手先発は、平均球速143キロのグリンキーだった。

 以前のコラムでも指摘したように、筒香の課題は内角の速球への対応にあった。私見ではあるが、メジャーでは平均97マイル、155キロを投げられる投手が速球派とみなされる。シーズン中の筒香は9月になると速球派への起用が激減。8本塁打を含む31安打の中で、97マイル以上の速球は1本も安打にできなかった。救われたのは、相手の無難な外角を軸とした配球。内角を有効に攻められていたら、もっと苦しんでいたはずである。

 秋山翔吾外野手(32)の課題は球質の重い、また沈む動く球への対応だった。7、8月はこれらの球種を強くはじき返せず、打率は1割9分6厘。それが9月には中堅から逆方向の左翼への打撃に徹していた。

 9月8日の試合後、レッズの元同僚2人に、秋山はアプローチの仕方が変わり、これからは安打を重ねるだろう、とのメールを送った。以降は18安打のうち右翼方向への安打は1本のみ。9月の打率は3割1分3厘、出塁率4割5分6厘で1番打者として機能し、レッズの7年ぶりプレーオフ進出に貢献した。

 ただ相手からすれば、それほどの怖さがなく、研究されて左寄りのシフトを敷かれると安打数も減るだろう。来季は、本塁打とは言わないが、外野手の間を抜くような長打力も披露してもらいたい。

 大谷翔平選手(26)は終始、タイミングの取り方で悩みがあったように見受けられた。また過去2年間のデータから、内角の弱点をうまく突かれ、腰が引けるような打撃が多々見受けられた。

 筒香、秋山ついては、来季はオープン戦から生き残りを懸けた戦いになる。かつて松井秀喜さんも1年目は苦労したが、2年目には課題を克服し、飛躍を遂げた。来春まで課題を克服できるか。命運がかかる。

 ▼大慈彌功(おおじみ・いさお) 元太平洋クラブ(現西武)捕手。ロッテでバレンタイン監督の通訳を務め、1997年からは同監督が指揮を執ったニューヨーク・メッツで日本駐在スカウトに転身。ドジャース、アストロズと渡り歩き、昨年までフィリーズの環太平洋担当部長を務めた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/f6e78524ad11b0c7ee00f984be69bae3aacdbee8
10/20(火) 6:05配信



続きを読む
posted by mlb at 09:16| メジャーリーグニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月19日

敗戦アストロズに辛辣コメント続々 AP通信「悪いやつらにおやすみのあいさつを」 #はと [ネギうどん

1 :ネギうどん ★:2020/10/19(月) 13:57:23.91 ID:CAP_USER9.net
 レイズは17日(日本時間18日)に行われたア・リーグ優勝決定シリーズ第7戦でアストロズを4―2で下し、4勝3敗で12年ぶりのワールドシリーズ(WS)進出を決めた。その直後から、ツイッター上はアストロズの敗戦を歓迎する投稿であふれた。アストロズは昨オフに組織ぐるみのサイン盗みが発覚し、GMと監督が解任された上に、今季は29勝31敗と負け越していながらのポストシーズン進出だった。

 MLBネットワークのジョン・ヘイマン記者は「レイズは、野球界のためになかなかなことをしてくれた。アストロズはワールドシリーズには戻ってもいいが、今年はない。(サイン盗みの)ゴミ箱スキャンダルが出た年にそれはダメだろう。シーズン負け越した年にそれはないだろう。だからありがとう、レイズ」。

 スポーツブログサイトSBネイションは「今年のアストロズのシーズンの終わり方はバンバンではなくシクシクだ」と皮肉タップリだ。

 カブスの内野手・キプニスは「これにはスマイルをしちゃうよね」と映画「アベンジャーズ」シリーズの悪役サノスのGIF画像を投稿した。

 一方、報道もアストロズの敗戦に注目。AP通信(電子版)は「悪いやつらにおやすみのあいさつを…アストロズ7戦で負ける」と伝えた。NBCスポーツ(電子版)も「アストロズを嫌いな人たちにとっては、第7戦での敗退はうれしく感じた」とバッサリ。もし、アストロズがWS進出ならどうなっていたか。

https://www.tokyo-sports.co.jp/baseball/mlb/2308305/



続きを読む
posted by mlb at 15:16| メジャーリーグニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月18日

レイズ筒香はオフ覚悟…渋チン球団の“冷たい仕打ち”は1年目でも容赦なし 51試合.197 8本 24打 PS13打数2安打.197 [砂漠のマスカレード

1 :砂漠のマスカレード ★:2020/10/18(日) 09:34:37.71 ID:CAP_USER9.net
レイズ・筒香嘉智(28)の出番がメッキリと減っている。

 ポストシーズン(PS)はここまで13試合中5試合に出場しただけで、13打数2安打の打率.154とカラッキシだ(日本時間17日現在)。

 日本人ルーキーがベンチを温めている間、同じ新人でキューバ出身のランディ・アロザレーナ外野手(25)が打線を牽引。ヤンキースとの地区シリーズから、アストロズとのリーグ優勝決定シリーズ15日5戦目までに6本塁打を放っており、新人によるPS本塁打記録に並び、筒香から左翼の定位置を奪った。

 仮にチームがワールドシリーズまで駒を進めても、アロザレーナが好調なため、筒香に出番はない。三塁やDHでの出場機会も限られ、相手先発が左腕の際は、スタメンを外されるだけに、控えに甘んじるしかないのだ。

 筒香は昨年12月に2年総額1200万ドル(約12億6000万円)と低予算のレイズにしては好条件で入団。今季の年俸は約5億円で、野手ではチーム2番目の高給取りながら、レギュラーシーズンは51試合で157打数31安打の打率.197、8本塁打、24打点。働きは金額に見合わなかった。来季の年俸は7億円に跳ね上がる契約だけに、不良債権化するのは必至だ。

 選手の人件費を渋ってきたレイズは、コストパフォーマンスの悪い選手に容赦しない。生え抜きのスター選手やエースであっても、躊躇なく放出してきた。2017年オフには、長らく主砲を務めたロンゴリアの年俸の一部を負担してまでジャイアンツにトレードした過去がある。

 メジャー1年目の選手であっても例外はない。筒香は覚悟を決めておいた方がよさそうだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/1c2aa6a46175357e375636bbdb7cc0122aa639b7
10/18(日) 8:56配信

https://baseball.yahoo.co.jp/mlb/teams/player/fielder/542643
成績



続きを読む
posted by mlb at 12:16| メジャーリーグニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする